HD60S+ に PS5 を接続する設定方法

設定に関する最新の方法はこちら

【2021年6月最新版】M1 Mac で HD60S+ と OBSの設定方法https://kamuralog.com/obs0623/


以前の記事で、簡単にゲームの録画や配信ができるゲームキャプチャとして

Eituesyの外付けゲームキャプチャー『4K-USB3.0 HD Video Capture』を紹介しました。


Eituesy 4K-USB3.0 HD Video Capture


これ、ほんとに使い方簡単ですし、手頃なお値段でコスパ高いしで満足はしていたんです。

気軽にゲーム実況なんかを始めるにはぴったりの外付けキャプチャーだと今でも思っています。

ただ

4月の終わりにPS5が購入できたんですよね。

それで、このゲームキャプチャーのパススルーだと、

4K 30FPSまでの映像になるわけです。

PS4ならそれでいいのですが、

PS5でせっかくゲームをできるようになったのだし、

5月の頭にはバイオハザード:ヴィレッジが発売されるし

どうせならより綺麗な映像、つまり4KHDRの画質と60FPSでプレイしたいと思って

新しいあれこれと調べていて、

ゲームキャプチャーのど定番である Elgato の HD60S + を購入することにしたのです。


Elgato ゲームキャプチャー HD60 S+ ソフトウェアエンコード式 1080p/60fps 4K60 HDR10パススルー


今アマゾンをみたら、ぼくが購入した時よりも値段下がってますね。

購入した時の値段が27,000円だったのですが、今は24,500円。

あとクーポンがついているので更に1,700円安くなるので、

今だと22,800円です(5/29 現在)。

も、おうちょっと待てばよかったかな……

ま、まあ、買いたい時が買い時なので、気にしない!

で。

購入の決めてとなったのは、

M1 Mac でも使えること

これですね。

そもそもWindowsと比べると、やっぱり macOS で使えるキャプチャーって少ないんですよね。

Elgatoも4K映像を録画・配信できる外付けの 4K60 S+ はWindows のみ対応ですし。

まあ、ここら辺がゲーム実況にMacは向いてないと言われる所以ですね。

で。

映像のキャプチャーも欲を言えば4Kがよかったのですが、

まあ、フルHDで60FPSできればいいなと。

まずは、パススルーで4KHDRの画質でゲームを遊べること。

これが大事。

と、言う訳で、条件に当てはまる HD60S+を購入したのです。

で。

これをPS5に接続する場合ですが、

HD60S+ の in と out にHDMIケーブルを繋いだだけでは映像が出ない場合があると思います。

ぼくはそうでした。

まずこれ、PS5の設定を変える必要があります。

PS5の設定に行き、システムからHDMIを選択します。

HDMIの中にある項目で、『HDCPを有効にする』があるので、これをオフにします。



これで、映像が出力されるようになります。

ただ、このままではHDR映像が出力されてないんです。

なので、もう1つPS5側の設定をいじる必要があります。

さっきと同じくPS5の設定にいき、システムからスクリーンとビデオを選択

その中で「4K映像の転送速度」を選択します。

ここで『-2』を選択してください。



これで、HDR映像がHD60S+に出力されるようになります。

いやあ、実はこれ、最初はどちらも全然わからなくて。

あれこれ調べてました。

特に後者の設定は、Elgatoの公式サイトに載っていたのですが、

Elgatoのヘルプページって英語なんですよね。

そりゃ日本語で調べてもなかなか答えでてこないはずだわ。。。

それで、この後はキャプチャーするソフトウェアとかで四苦八苦するのですが、

それはまた別途、OBSの設定方法などを記事にします。

ともあれ。

このHD60S+。

初心者のぼくには、最初四苦八苦なところも多かったのですが、

M1 MacBook Air でも使えますし

ど定番だけあって、満足してます。

オススメ!

Elgato ゲームキャプチャー HD60 S+ ソフトウェアエンコード式 1080p/60fps 4K60 HDR10パススルー

最新情報をチェックしよう!
>レインボーなストリーマーを目指して

レインボーなストリーマーを目指して

突如思い立って虹色に輝くストリーマー遠目指すことにしましたっ!
知識なし、技術ゼロっ!
それでもたくさんの人がクスっと楽しくなるようなストリーマーとして
ゲーム実況なんかをやれたららと思っていますっ!

CTR IMG