【M1 Mac】Elgato HD60S+とOBSの設定方法

設定方法に関する最新の記事はこちら

【2021年6月最新版】M1 Mac で HD60S+ と OBSの設定方法


前回の記事「HD60S+ に PS5 を接続する設定方法」で、

Elgato HD60S+をPS5につないだ場合にどういう設定をすればいいのかをお伝えしました。

PS5の映像がちゃんと出力されたのなら、

次はその映像をキャプチャーして配信や録画をするだけです。


キャプチャーがうまくできない


はい。

これが大変だったのです。

これ、けっこう困っている方多いのではないでしょうか?

いえ、Windowsとかであればいろいろとキャプチャーの話や設定方法などが出てくるのですが、

肝心の。

肝心要のM1 Macの設定方法がないんです。

あったとしても、海外のフォーラムなどで少しだけ。

それもバグ報告であったりで、

情報量は少ないです。

困った。。。

正直なところ、HD60s+ 買ったのは失敗したかもって、一時期思うくらいでした。

理由は単純で、キャプチャーソフトにOBSを使っていたのですが、

M1 Macだと、高画質でキャプチャーしようとすると止まったりするんですよね。

せっかく1080Pの60FPSで録画しようとしても必ずとまる。

なので、30FPSにしても、ゲームによってはなぜかとまる。

これ、エンコードをCPUでやっているせいなのですが、録画中にCPU使用率を見ると70%超えが当たり前。

80%や、多分90%とかにもなっているんですよね。

そうなると録画できたものでもカクついていたりして使えない。

いつのまにかソフトが落ちていて、録画できてない。

結局、画質を思いっきり落としてエンコードするしかない。

それだと、HD60S+でキャプチャーする意味があんまりない。

パススルーで4K HDRじゃなくてもいいのなら、

この記事で紹介したEituesyの外付けゲームキャプチャー『4K-USB3.0 HD Video Capture』で充分じゃないかなと。


Eituesy 4K-USB3.0 HD Video Capture


これですね。

これは本当に優秀で、キャプチャーに使うOBSの設定も全部取説に書いてありますし。

録画が途中でとまるとかもなく、

30FPSですが綺麗に1080P映像でエンコードできてました。

同じCPUを使ったエンコードなんですけどね。

それか、Windows のゲーミングPCを買うべきなのかなあとも考えてました。


それでも M1 Mac でキャプチャーしたい

けれども。

だけれどもなんです。

そんなぽんぽんとPCを買い直せないし。

自分で決めたM1 MacBook Air でゲーム実況をするというのも諦めたくないし。

それにやっぱりゲームは綺麗な4KHDRで遊びたいから、

HD60S+を使うことは必須。

そんでもって、

配信や録画も1080Pであっても綺麗に

ヌルヌルの60FPSでやりたいのです。

なので、キャプチャーソフトのOBSの設定をあれこれ試したり、

Elgatoの提供するGam Capture HD なども使ってみたりしました。

ElgatoのGam Capture HD も悪くはないのですが、

60FPSでキャプチャーすると、なぜか30FPS扱いになるんです。

どういうことかというと、ちゃんと60FPS分録画されているのですが、1秒あたり30フレームになっているのですね。

つまり、不通に再生するとスロー映像なわけです。

倍速で再生するとちょうどいいのですが。

ただこれ、音は別で収録されているのですが、合わせようとするとちょっとずれる。

ここらへんはぼくの編集技術の問題ではありますが、

なかなか音が合わない。ずれる。

けど、Gam Capture HD は落ちることもないですし、高画質にキャプチャーできる。

けどスローで音ズレ。

痛し痒しとはこのことです。


キャプチャーソフトはOBSで決まり

で。

結論を言いますと。

現在のキャプチャーソフトはOBSに落ち着きました。

今更なのですが、OBSってなんぞや?

そんな方に説明をすると、多くのゲーム実況・配信者の方が利用している

映像の配信・録画ソフトです。

ゲームに限らず、ライブやイベントなどの生配信にも使われています。

実はぼく、ド素人とは言ってますが、

過去に仕事でライブ配信などの関わったことがありまして、

その際にOBSを使ったことがるのです。

とは言っても、ぼくが直接触って設定や配信をしたのではなく、

別の方がやっていたのですが。

あれこれ細かく調整や設定ができ、かつ無料で使えることもって

多くの方が利用していて、扱い方に関する情報も多いです。

あれこれいじる必要があるので、

とっつきにくさもあるのですが、

調べれば、だいたい答えは出ていたりするのも魅力です。

が。

M1 Macに関しては、本当に情報が少ない。

前述の途中で落ちるとかの対策が全然出てこない。

そもそもM1 Macでやるのが間違いなんじゃ?

って、思うくらいない。

けれども。

できます。

M1 Mac でも1080Pの60FPSでキャプチャーできます。

その方法がありました。

まず、OBS、正式にはOBS Studio の公式で配信されているソフトウェアのバージョンは現在 26.1.2 。

これを最初、ぼくは使っていたのです。

で。

まだテスト中ではあるのですが、実はバージョンが27のものがあります。

ここからダウンロードできます。

https://obsproject.com/forum/threads/obs-studio-27-release-candidate.141857/

バージョン27の候補としてアップされているのですが、

その機能の中に、M1 Macでもエンコードをする際にGPUを使ってエンコードするハードウェアエンコーダーの機能が追加されているんですね。

これだ! と。

もうこれしかないと。

今まで、CPUを使うソフトウェアエンコーダーだったので、とまったりしてたのですが、

ハードウェアエンコーダーならいけるんじゃないかと。

さっそくダウンロードして使ってみたところ。

見事に、1080Pの60FPSでキャプチャーすることができました。

ただこれ、まだ正規版ではなく、あくまでもテストバージョンです。

なので、不具合などが起こる可能性はありますし、不安な方は正規にリリースされてから使用するのがいいと思います。

とは言え、そんなに使い込んだわけではないので当たり前と言えば当たり前ですが、

ぼくは今の所不具合などは起きてないです(配信はしていなくて録画のみですが)。

では、以下は簡単なOBSで Elgato HD60S+ から出力した映像を録画する際のOBSの設定についてです。


M1 MacBook Air のOBS 27 の設定


まず、HD60S+をゲーム機(今回はPS5を例にします)とモニタ、M1 Macにつなげます。

PS5 → HDMI → HD60S+ → HDMI → モニター

            → USB-C → M1 MacBook Air

この時、HD60S+ にUSBから給電をするのですが、この給電が充分じゃないとHD60S+は動作しないことがあるようです。

セッティングできたら、OBSを立ち上げます。

OBSのダウンロードはこちら

https://obsproject.com/forum/threads/obs-studio-27-release-candidate.141857/

このフォーラムの一番最初のコメントのリンク先でダウンロードできます。

OBSを立ち上げたら、映像、音声のソースに HD60S+ を選択します。

HD60S+ がソースに表示されない場合は、接続方法の確認、ちゃんと給電できているかの確認をしてください。

プロパティで、映像、音声ともにHD60S+がデバイスとして選択されていれば大丈夫です。

次に、コントロールの項目から設定をクリックしてください。

こんな感じの画面が現れます。

ここで、色々と設定ができるのですが、

ぼくはまだライブ配信とかやっていないので、

録画の設定だけお伝えいたします。

まず出力の項目を選択してください。

  • 出力モード:詳細に変更
  • 種別:標準
  • 録画フォーマット:mp4(お好みで他の形式でも)
  • 音声トラック:1にチェック(ゲーム音だけ、他に自分の声などいれたいときは、そのトラックにもチェック)
  • エンコーダ:アップル VT H264 ハードウェアエンコーダ
  • ビットレート:12000 Kbps
  • キーフレーム:2

以上のような設定をしてください。

と言っても、これはぼくもまだ試している最中なので、これが正解ではなく暫定的なものです。

そもそも正解なんてないんですけれどね。

とりあえず、何をどう設定すればいいかわからない方は参考にしてみてください。

そして次は映像の項目をクリック。

  • 基本(キャンパス解像度):1920 ☓ 1080
  • 出力(スケーリング解像度):1920 ☓ 1080
  • 縮小フィルタ:ランチョス
  • FPS共通値:60

以上がざっくりとした設定になります。

そんなわけで、M1 MacBook Air でゲーム実況をしようと思っている方。

HD60S+はちゃんとつかえますよー!

オススメです!

しかも今安くなってるし、クーポンもついてるし。

では!

最新情報をチェックしよう!
>レインボーなストリーマーを目指して

レインボーなストリーマーを目指して

突如思い立って虹色に輝くストリーマー遠目指すことにしましたっ!
知識なし、技術ゼロっ!
それでもたくさんの人がクスっと楽しくなるようなストリーマーとして
ゲーム実況なんかをやれたららと思っていますっ!

CTR IMG