目の前にボーカル! 抜群の臨場感で映画にもゲームにも使える「nuretrue」今年最強のイヤホンかも!

自分の耳の聴こえ方に合わせて音を最適化してくれるnuraシリーズ。

セミワイヤレスなnuraloopやヘッドホン型のnuraphoneときて、

ようやく待望のワイヤレスイヤホンであるnuratrueが発売されたのです。

やっぱりイヤホンの手軽さって大事。

で。

発売するやいなや(多分)、速攻でAmazonでポチりまして、

手元に届いてからはや二週間。

ファーストインプレッションはこちらの記事に書いているのですが、

実際に二週間ほど使ってどうだったかと言うと

これがいいんです。

まず最近のワイヤレスイヤホンには欠かせなくなってきている

アクティブノイズキャンセリング(以下ANC)なんですが、

これは、そんなに強くないと思います。

外にいるとそれなりに外音は聴こえています。

とは言え、それが煩いかというとそんなことはなく、

音楽を聴くのに邪魔にはなりません。

ANCをかけているときに、外部音の取り込みをするモードもあります。

これは、けっこうはっきりと周りの音が聴こえますが

まあまあ不自然に聴こえます。

けどまあ、これもそんなに気にはならないところでしょうか。

多分、どちらも同じような価格帯でANCも外音取り込みも優れたイヤホンはあると思います。

が。

肝心なのは音質です。

これが、結論から言うと素晴らしいというか、楽しい。

そう、楽しい音なんです。

nuratrueは臨場感をウリにしているのですが、

その臨場感ってなに?

って思っていたんですよね。

nuratrueを使い始めてなんとなく言いたいことがわかってきたのですが

まずボーカル曲の場合だとボーカルがすぐそばにいるように聴こえるんです。

けどボーカルが全面にですぎて他が潰れるかというとそんなことはなく、

ギターやベースが刻む音

キーボードやピアノの音

ドラムの音

なんかがしっかりとボーカルを囲むように聴こえてきます。



聞いてるイメージとしては上の映像の最前線でライブを楽しんでるような感じです。

だから、音楽を聴いていて楽しいんですよね。

あと。

音楽だけじゃなくて、

これ遅延がそんなに感じられないので、

映画やゲームにも合うんです。

このライブ最前線で観ているような感じが

映画なんかを観ているとばっりばりの臨場感!

特にSFとかだと最高!

パシフィック・リムやエヴァンゲリオンが普段よりも熱く観られました。

それとゲーム。

FPSでガチで足音を聴くんだ!

ってのには物足りないのですが、

銃撃音であったり、だいたいの位置の把握

音楽込みでゲームを楽しめるRPGとか

そういうのにも向いてます。

ただ、SwitchやPS4、PS5にワイヤレスイヤホンを接続するには、

トランスミッターが必要になります。

ぼくは、個人的に大好きな安心と信頼のCIOのトランスミッターを使いました。



これをPS5やSwitchのUSB-Cに挿すと、あっさりとnuratrueと繋がります。

めちゃめちゃ簡単。

接続状態もよくって音がとぎれたりとかもないです。

まあ、これは無線である以上、

環境とかで途切れることもあるんでしょうけれど、

基本的には安定してます。

普通にスマホと接続してるのと変わりなく使えます。

もうねえ。

これで遊ぶゲームがまた楽しいんですよ。

ほんと。

最近は没入感どっぷりタイプのゲーム、

RPGなんかをやっているとやっぱり音は重要なんですよね。

それもBGMなんかはいい音で聞きたい。

けどヘッドホンとかだと疲れるし

ってときにイヤホンはやっぱり手軽でいいんですよね。

あと、スマホ、M1 mac book Air、iPad Air、ゲームへの切り替えもけっこうあっさり切り替えできます。

ものによっては接続に時間かかったりするのですが、

これはそういうストレスも少なくて素敵。

これはほんと、いい買い物しました。

自分の聴覚に合わせてパーソナライズしてくれるからこその臨場感を楽しめるイヤホン

興味持った方はぜひ! オススメです。



Amazonなら10%オフのクーポンが適用できるのでお得です。

では、また。

最新情報をチェックしよう!
>レインボーなストリーマーを目指して

レインボーなストリーマーを目指して

突如思い立って虹色に輝くストリーマー遠目指すことにしましたっ!
知識なし、技術ゼロっ!
それでもたくさんの人がクスっと楽しくなるようなストリーマーとして
ゲーム実況なんかをやれたららと思っていますっ!

CTR IMG