ど素人だけどPS5に拡張SSDをつけられたよ!



動く……!

こいつ…動くぞ……!

拡張内蔵ストレージ、ちゃんと動くぞー!


と、言うわけでこんにちは。

PS5のシステム・ソフトウェア・ベータ・プログラムでテストが可能となった

内蔵ストレージの拡張、

つまりM.2 SSDのPS5へのインストールに成功しました!

いやっほーーーーーーーーーー!

前回の記事で素人ながらに

全くわからないM.2 SSDについて調べて、

現状だとこれがベストという

M.2 SSDとヒートシンクをご紹介したのですが、

実際に取り付けてみるまでは不安でした。

と、言うか、ちゃんと取り付けられるのかがちょー不安。

経験ないし、何よりも不器用だし。

ちょーぜつ不器用だし。

と、不安ではあったのですが、結果はばっちり!

以下、M.2 SSDの取り付け方になります。


PS5のバックアップをとる



ベータプログラムのシステム・ソフトウェアをインストールする前に

まずは現状のPS5のバックアップをとっておくといいかと思います。

バックアップは普通のSSDでもHDDでもUSBメモリでもいいと思います。

ぼくは、手持ちのストレージがなかったので、

Amazonで安いUSBメモリを購入しました。


BUFFALO【国内メーカー】 USBメモリ 64GB USB3.2(Gen1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0 充実サポート RUF3-K64GA-BK/N【Amazon.co.jp限定】


安心と安定のバッファローのUSBメモリ

バックアップはシステム関連、ゲーム、セーブデータ、トロフィー解除時の動画やスクショなんかがあります。

ぼくは、ゲーム以外の3つをバックアップしておくことにしました。

ゲームデータは大きいし、再DLなりできますしね。

セーブデータは、PSNにも保存されてますが、まあ、一応。

上の画像ではバックアップに3時間とでてますが、実際は15分くらいでバックアップ完了です。


ベータプログラムのコード番号を使う


ベータプログラムへの当選の案内メールに

12桁のコードが記載されています。

そのコードをPS storeで入力します。

PS Storeでコードの入力を選択して

記載されていた英数字を入力します。


システムソフトウェア(ベータ版)へアップデートする


以下、公式サイトからの引用です。


01[設定][システム][システムソフトウェア][システムソフトウェアのアップデートと設定]の順に移動します。  

02[システムソフトウェアをアップデート(ベータ版)][アップデート]を選択します。このオプションは、ベータプログラムの招待を受け取ったプレーヤーに、PS5ベータ期間中のみ表示されます。

03 システムソフトウェアベータ版の機能一覧を確認できます。  PS5システムソフトウェアベータテスト参加契約に同意してください。

ベータ版の新しいバージョンがリリースされた際に本体の自動アップデートが有効になっていると、自動的にアップデートされます。最新バージョンに手動でアップデートする場合は、上記の手順に従ってください。新しいバージョンを利用できる場合、[システムソフトウェアをアップデート(ベータ版)]の隣に「アップデート可能」と表示されます。

https://www.playstation.com/ja-jp/support/hardware/install-ps5-system-software-beta/

上記の手順通りにやれば、ベータ版のシステム・ソフトウェアへのアップデートは完了します。

ここまでが、M.2 SSD取り付けの事前準備になります。


PS5の準備


  • ベータ版システム・ソフトウェアへアップデートしていること
  • 上記をしないままM.2 SSDを取り付けると、アップデートする際にM.2 SSDを外す必要があります
  • 電源を切って、本体からケーブル類をすべて外す
  • 本体が冷えるのを待つ

M.2 SSDの準備


ヒートシンクつきのM.2 SSDを購入した方は、

ここの工程は必要ないです。

ぼくは、サムソンの980 PRO でヒートシンクないので、

別途購入したヒートシンクを取り付けました。


これに


これを装着すると


こうなります


ここらへんは、購入したヒートシンクによって、やり方は変わるので

同梱されている説明書の手順通りにやるのがいいと思います。

今回購入したm.2 SSDとヒートシンクはこちら。


Samsung 980 PRO 1TB PCIe Gen 4.0 x4 (最大転送速度 7,000MB/秒) NVMe M.2 (2280) 内蔵 SSD MZ-V8P1T0B/EC 国内正規保証品


長尾製作所 M.2 SSD用ヒートシンク SS-M2S-HS01


上記、Amazonのアソシエイトリンクなので、

興味あるかたはチェックしてみてください。


PS5にM.2 SSDを取り付ける


PS5は簡単に分解と言うか、

外板を外すことができます。

やり方や手順は、公式サイトのこのページで確認できます。

または、動画で実際にはずしているところを観ると分かりやすいです。


1分56秒あたりから〜

6分6秒あたりから〜

上記の動画を参考にPS5の白い外板を外しました。

いやもう、すごい苦戦した。

多分簡単にできると思うのですが、ぼくは苦戦しました。



外板を外すとこんな感じ。

画像左下にある細長い板を外します。



外すとこんな感じ。

ここにM.2 SSDを差し込みます。

右にある端子部分に差し込む感じですね。

差し込むとややM.2 SSDがやや上に浮くような感じになるので、

写真左にあるネジを外し、それで固定します。


 SSDが浮いているので

ネジで固定します

ここまでできたら、後は手順を逆にするだけ。

外板をはめて、台座をつけて、ケーブル類をすべて接続し直します。

もとに戻ったら電源をオン!

ここが一番緊張した。。。

PS5を立ち上げるとM.2 SSDが認識され、

フォーマットするかどうかの確認ででるので、

フォーマットをします。

以上!!


まだ全然触ってないですが、

ゲームプレイ等において

今の所はとくに問題なく快適に遊べてます。

まあ、クラッシュやバグがあったら逐一公式に報告をしていこうと思います。

では!

最新情報をチェックしよう!
>レインボーなストリーマーを目指して

レインボーなストリーマーを目指して

突如思い立って虹色に輝くストリーマー遠目指すことにしましたっ!
知識なし、技術ゼロっ!
それでもたくさんの人がクスっと楽しくなるようなストリーマーとして
ゲーム実況なんかをやれたららと思っていますっ!

CTR IMG